teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


獣使い

 投稿者:ライヤ  投稿日:2009年 7月23日(木)15時43分9秒
  名前:ライヤ(漢字では来也とも書く)
性別:男
年齢:18才
容姿:赤い中間の長さの髪の毛を上のほうだけたたせて、真ん中の襟足に緑の紐とビーズが編み込んである6cm位の紐が結んであって歩くたびに尻尾のようにゆれる。悪戯っぽい目つきの緑色の瞳で顔の作りは童顔。爪は故郷のしきたりなのか黒く塗っていて、左目の下に小さな黒い星の刺青がしてある。身長は170cm程で少々小柄だが、自然の中で鍛えられているため程よい筋肉がついていて背中や腰に小さな傷跡がいくつかある。服装は黒い学ランのようなものを羽織っていて腰に白いさらしを巻いている。常に腕まくりをしているため右腕に書かれている故郷の黒い刺青が見える。また、ズボンも黒いものでだらしなくはいていて、靴は焦げ茶のサンダル。見た目は少々派手だが笑うと八重歯が見えさらに童顔に見える。
性格:喧嘩っ早く喜怒哀楽が激しい。また馬鹿なので頭で何か考えるより即行動がモットー。綺麗な人には目がなく女好きなのがたまに傷…。こう見えて案外正義感が強いのでどんな人にも差別せず同じように接する。束縛されるのが嫌いでかなり自由奔放な奴だが、親切にされれば恩を忘れず忠誠心の深い一面も。
立場:獣使い
武器:黒い絹素材の帯がぶら下がっている日本刀。名前は「夜桜(ヨザクラ)」
(常に腰にぶら下げている)
式神、獣:人間が二人乗れるくらいの大きさの白い虎。
名前は「白虎(ビャッコ)」で愛称は「小虎(コトラ)」。
性別は男で性格は主人と同じく喧嘩好きで気性が荒いがなれるととても人懐っこくなる。
だがいくら主人と友人だとしても主人が第一なので危害を加えられればすぐさま牙を出す。
術・能力:属性は雷。ライヤが白虎に変化させることによって雷を帯びた白い日本刀に代わり、雷を操ることができる。(刀が避雷針になるので雷雲を呼べる)
だが、これを使うとかなりの体力を消耗するので長期戦には向かず、雨が降ると自分含めそこらじゅうが感電してしまうので雨の日は使えない無能な使い捨て電池になってしまう←。なので本気モードのときにこれを使い、持っているもう一つの刀とで戦うので二刀流で本領発揮することができる。
備考:相方の白虎は幻獣で、本当は普通の人には見えないのだが故郷の祖父に具現化してもらい普通の人にも見えるようになった。だが、主人と体力を同化しているので主人が弱っている白虎も見えなくなってきてしまう。
左目の下にある黒い星の刺青は昔、幼い時にどこかの術師にかけられた呪いでたまに力を使っている最中に頭が割れるような激痛が走る。なのでその呪いを解くために故郷を離れて此処へ来た。日本刀と同様腰に黒いよこ笛をぶら下げている。笛を吹くことで気持ちを落ち着かせることができるのでよく考え事をしいている時などはひとりで吹いている。
甘党であり、かなりの大食いで野菜が大嫌い。陰陽寮が落ち着くのかよく出没する。

(pl:登録まことにありがとうございます!!!さっそく本編にごあいさつしに行きますね!/目輝/備考のところに訂正しておきましたので先ほどのせたプロフを消してもらえれば幸いです!お手数かけさせてしまい申し訳ないです!orz;;;)
 
 

(無題)

 投稿者:源 時雨  投稿日:2009年 6月27日(土)23時11分24秒
  名前:源 時雨(みなもとの しぐれ)
性別:女
年齢:16歳
容姿:長い黒髪を高く結い上げている。瞳の色は濃い紫。身長は女にしては高く、160前後ある。
性格:有言実行、という強い意思の持ち主。源に憧れを持っている。
立場:武士:源氏
武器:基本は自分の身の丈程もありそうな弓矢を使う。脇差は常備済み。
備考:女だが武士に憧れるあまり男として軍に入る。一人称は拙者、二人称はお主、もしくは名前に殿をつける。

(PL.あぁあ!;;すいません…これで大丈夫でしょうか?)
 

新規参加希望

 投稿者:珠乃  投稿日:2009年 6月26日(金)21時24分3秒
  名前:珠乃(たまの)
性別:女
外見年齢:20歳前後
容姿:町らに住む人々の間では川姫といえば川などの水辺に現れる女の妖怪であり、出会った若い男をその美貌で魅了し惹きつけ、己に心惹かれた若い男を見つけると精神を壊し最終的に見も心も滅ぼし殺してしまうと伝えられている悪霊であるがそれもどうやら個々それぞれの様で。珠乃の場合、他の川姫程の妖艶で恐ろしい程の美貌は持ち合わせておらず、見た目は病的に白い肌の色と冬の川のように冷たく冷え切った身体を除けば他の町娘となんら変わった様子も見当たらないが見抜ける者の目には、やはり外見のそれは町娘とは何処か異なる妖かしめいた容姿として映ることもあるものの、基本的にはそこまで人と大差はない。腰まで伸びた黒髪は雪色の銀の簪と共にきれいに団子を作るようにして結いあげられており、切れ長の大きな瞳は髪色と同様で藍色の交る深い黒。そもそもあまり進んで人前に出るような性情ではないが、昼間は人間の世にまぎれるかのように他の町娘等と同じように紺色や淡い色の着物等を身にまとっているものの、夜は一変。棲みかでもある水辺に現れることが多く、暗い川辺を好み、雨に打たれたかのようにずぶ濡れた着物や全身は人とは縁遠く、凍っているかのようなんだとか。背丈としては160㎝程度と特別高くも、低くもないがやはり病的に白い肌に揃って、華奢というよりは体格もやはり何処かふくよかとはかけ離れた不健康寄りな線の細いもの。
性格:温和で大人しいのかと思えば全くもってそんなことはなく(笑;)何処か意志のはっきりとした女妖かし。気が強く好きや嫌いもはっきりと態度に出す様な性格をしているが人間に向ける愛想と機転の聞く頭だけは褒められたもので、また疲れるという彼女らしい理由で人の敵対することの多いはずの妖怪である川姫には珍しく執着心や嫉妬心というものがほぼないに等しい様で節目節目で潔い振る舞いが目立つ何かと気紛れな、掴みどころのない性格。見た目の年齢に反し、実に長い年月を死と縁遠い運命の中で生きてきたがそんな彼女でもやはり何処か妖かし以外の外の世界や人、生活に恋い焦がれている節があり川姫等の妖艶な華やかさよりも平凡さに憧れ自分の置かれた非凡な世界を態度にこそ決して出しはしないが好いてはおらずむしろ若干嫌っているはずであるのだが、なぜか色恋沙汰を激しいまでに忌み嫌い、淡い感情に流される町娘や人に惚れこむ女妖怪を意識的に避けている節も見られる。
立場:妖
武器:なし
式神/獣:なし
術/能力:自己再生および治癒能力
備考:自己再生能力も治癒能力も非常に優れはしているのだが、人間に治癒能力を使えばその時は代わりに己の妖かしとしての寿命がそのたびに減ってしまうか、もしくは相手の傷を癒す代わりに自らがその傷の大小を関係なく引き受けることになるという欠点も。色恋沙汰を激しく忌み嫌い避けるのは、己が生きてきた長い月日の中であろうことか若い人間の男に惚れこんでしまったという過去があるかららしいが、それがどうしてここまでの毛嫌い具合につながっているのかは本人の他に知るものはおらず、不明。

(PL:こんばんは/礼/初めまして^^文章力がない為かなー…り分かりにくい届けになってしまい大変申し訳ありません;;おそらく不備があるかと思うんですが(Σ;)その時はばしばし言っていただければ直しますので、参加の程ご検討していただけると嬉しいです^^/深礼)
 

新規参加希望

 投稿者:妃雨  投稿日:2009年 5月31日(日)01時24分44秒
  名前:妃雨 (ひさめ)
性別:女
年令:20歳
容姿:朱色の彼岸花の刺繍が入った紺碧色の着物を紅色の帯で締め纏う。腰まである黒髪、頭頂部にかんざし。常に無表情、色は雪のよに白い。
性格:物事を悲観的に考えやすい、が、意志は強いよう。
立場:外法師
武器:鉄製の扇子(護身用)
式神・獣:無し
術・能力:蟲類従属
備考:蟲を意のままに操る事が出来る外法師。自らの血液を与えることにより蟲を支配下に置く。人間を劣物と思っているせいか、蟲にしか心を開かない。常に身の回りに数羽の黒蝶が飛んでいる事が多い。名前は本名ではなく、生い立ちなど詳細は不明。

(PL・参加希望です!トピ見ましたが無くなってしまうには惜しいかと思いまして、まだ大丈夫ですか?問題等ありましたら直しますので。宜しくお願いします。)
 

参加希望です

 投稿者:瑞飢  投稿日:2009年 4月25日(土)00時12分45秒
  名前:瑞飢(みずき)
性別:男
年齢:不詳、外見は十代前半といったところ。
容姿:身長160cmでかなりの痩せ型。艶の全く無い黒髪を適当に伸ばしていて、後ろ髪は腰に届く程の長さ。前髪は左目の前に垂らしている。髪と同色の大きな瞳は常に見開かれていて、目元には大きなクマあり。歯の一つ一つが牙のように鋭く、手足の爪もかなり鋭い。右側頭部から一本の長い角が生えている。
上半身は半裸の上にボロボロの藍色の着物を纏い、下半身には何枚かの黒い布を幾重にも巻き付けている。足は何も履いていないのでいつも裸足。
性格:気分屋。状況に流されやすく、意見をコロコロと変える。恐れ知らずで敬語を使うことは殆ど無い。
立場:妖
武器:
式神、獣:
術・能力:高い身体能力。自己再生能力。
自己再生能力は軽い傷であれば瞬時に治すことが出来るが、深い傷になればなる程時間がかかり、再生にも傷に見合ったエネルギーを消費する。
備考:元々は人間の子供だったものが、あまりの飢えに餓鬼となったもの。最初は人間だった頃の記憶と理性を失っていたが、餓鬼として長く生きているうちに新しく人格が生まれてきた。人間だった頃の記憶は断片的に残っているらしい。
人を襲うことは無いので退治されることはないが、陰陽師に協力をすることもない。
気分で戦闘をしたりしなかったりする。
とりあえず本人は飯が食えればそれでいい、と思っている。
かなりの大食い。腹が減れば魚だろうが兎だろうが牛だろうが馬だろうが何でも食べる。


(PL:はじめまして、このトピの魅力的な設定に惹かれ、参加を希望します。一応不備等が無いよう気を付けたつもりですが、不備があった場合はお手数をおかけしますが指摘をお願いします)
 

参加希望です

 投稿者:高梨 貞晴  投稿日:2009年 4月18日(土)20時11分12秒
編集済
  名前:高梨 貞晴(たかなし さだはる)
性別:男
年齢:19歳
容姿:黒髪黒目の一般的な色を持ち、肌の色は褐色より。一重の切れ長の目を持ち、眉は細くやや釣り上がり気味のせいか、冷たく見えがち。唇は薄く、真一文字に引き結ばれており、仏頂面。髪は髷にせず、首後ろで一つに結い結んでいるが、サイド部分のみ前に垂れている。髪の長さは腰あたり。前髪は目にかからぬように横に流している。体つきは割とがっちりしており、武道を嗜んでいるためか、標準体型より筋肉があり、肩幅が広い。身長は177cm。服装は狩衣姿で、烏帽子は着用していない。ちなみに扇は持っていない。
性格:器用そうに見えて、実は不器用。実直であるが、それが裏目に出て、二つのことを同時に進行出来ず、物事を深く考え込んでしまう傾向がある。嬉しい筈なのに無愛想な態度を取ったりと、素で天邪鬼(主に、マイナス方向に働き気味)。
立場:陰陽生
武器:なし
式神、獣:式神「風湖(フウコ)」能力説明…名前からも分かるように、風属性の式神。風を操り、攻撃や防御が出来るとともに、同じ風属性の式神同士ならば風を通して情報交換が可能。然し、距離に制限有り。情報交換にのみ集中している場合で二県程の距離ならば可能(相手側の式神が自身よりも強い場合は、制限範囲外でも受け取ってくれることも有り)。また、遠くに早急に文を届ける時になど便利。専ら、雑用に使用。
術・能力:「土/術」能力説明…土がある場所のみ攻撃、防御ともに可能。地形を変形させ土で相手を囲んだり、土を盛り上げさせ相手を下から襲ったり、一定範囲に地震を起こし相手の足を止めたりなど、使用方法は幅広い。「言霊/能力」能力説明…言葉に霊力を込め、言葉通りに物事を動かそうとする力。例えば、【縛】ならば、相手を縛り動きを止めること。【滅】ならば、相手の攻撃を消滅させようと働く言葉。然し、己の精神力に大幅に左右され、相手の精神力が己より高ければ、効力なし。また、集中力を散漫させられると、効果が切れる。発動条件は、言霊に必要な集中力を溜める為に精神統一に3~4レスを必要とする。また、若輩者ゆえに能力を完全には扱いきれず、未熟状態。因って、万全な状態の時で一日二回しか発動出来ない。発動した後の副作用は、成功時は軽い目眩や立眩み程度。数分間身動き不可能。失敗時は、言霊に込めていた己の霊力が撥ね返ってくるため、その分体力消費が激しく、数時間は身動き不可能。
備考:人生の先輩であり、師でもある父親を尊敬しており幼い頃より父の後を追おうと、陰陽道について勉強をしていた。それと共に、武道も父親が師。常の仕事は雑用が多く、基礎から定着させていこうと日々精進中。一人称は仕事時「私」、私生活時「俺」と、一人称の使い分けでオンオフのスイッチを入れている。

(PL:初めまして、あまり歴史関係には詳しくないのですがこれを機に勉強しつつ、トピに参加させていただければ、と思います(礼)能力及びに式神あたりにて不安がありますが、不備等々御座いましたら、ご指摘下さい。そして、参加が主に休日に偏りがちになるかと思いますが、大丈夫でしょうか?)
 

参加希望です

 投稿者:真基 松弥  投稿日:2009年 4月17日(金)11時17分54秒
  名前:真基 松弥(さなもとい まつや)
性別:女
年齢:26歳
容姿:黒の瞳に黒髪の一本結い。頭のてっぺんに近い位置に赤の組みひもで結わえており、結って尚髪の長さは尻あたりまである。前髪は真ん中分け。目尻に二つ並んだホクロはチャームポイントだと言い張る。
袴姿が多く、袖は白布で襷掛けにしてしまっている。烏帽子は付けない主義だそう。身長153cmで関節が細く、痩せっぽち。
性格:こざっぱりと明るい雰囲気だが、テンションの起伏があまりない。何となく一定を保っている感じで、思考は実に楽観的にして傍観的。
立場:陰陽生
武器:薙刀(全長2m・刃渡り40cm)
式神・獣:なし
術・能力:「結界(補助)」身を守る盾にしたり、逆に魍魎の類を閉じ込めたり。大きさと強度が反比例するのが難点。
     「火(六属性)」自らいきなり大きな炎は作り出せない為、きっかけの炎を作ってから何かに燃え移らせるという面倒な手法をとる。そうして出来た炎は、ある程度自在に操る事が出来る。
備考:個人的趣味の範囲で笛系統を愛し、陰陽の精進よりも楽の精進が好き。篠笛から草笛、果ては口笛まで嗜む笛マニア。

(PL:初めましてこんにちは。平安らへんの時代背景に関してかなり無知に近いので、必死こいて書いたプロフながら設定に甚だ不安が残ります…だ、大丈夫でしょうか(汗)何か問題点や不備等御座居ましたら、お手を煩わせて恐縮ですがご指摘宜しくお願いします(礼))
 

レンタル掲示板
/1