ACIM MIRACLES「聖霊の教室」みんなの広場

ワプニック博士の解説を通してコース(A Course in Miracles)を学ぶ勉強会
ACIM MIRACLES「聖霊の教室」の掲示板です。

勉強会で得た学びや日々の実践における気づきなどをメインにシェアしています。

会員の方(ACIMウェブ勉強会会員 または オンライン動画サロン会員) も、
会員でない方(YouTube無料公開動画を視聴された方など)も、
「奇跡のコース・奇跡講座」に興味のある方は
どなたでも書き込みいただけます。

勉強会や動画視聴のシェアやご感想など大歓迎。
お気軽にコメントいただけると嬉しいです。

ただし、常識的な範囲でのルールやマナーはお守りください。
A Course in Miracles(奇跡のコース・奇跡講座)学習者のための掲示板です。書き込みの内容が掲示板にそぐわないと判断した場合は、こちらで予告なく削除させていただくことがあります。ご了承ください。

HP→ ACIM MIRACLES「聖霊の教室」




152件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。


[154] 12月もよろしくお願いいたします。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年12月 1日(水)12時16分34秒   通報   返信・引用

こんにちは。
12月になりました。

早いもので、もう今年も最終月ですね。
今月もよろしくお願いいたします。


先程、ACIMウェブ勉強会会員・オンライン動画サロン会員様向けのPWの変更等が完了いたしました。

オンライン動画サロンには、新たに3本の動画を追加しました。

それにより、合計59本の動画が視聴できるようになっております。

これらの動画は、一度視聴しただけではなかなか入ってきませんので、何回も繰り返し視聴していいと思いますので、
じっくりと腰を据えて、少しづつ学びを深めて参りましょう。


また、12月のスケジュールやお知らせなどは、HPをご覧ください。

今後も、「12月のオンラインセミナー」や、次回「ACIM TALK カフェ」のお知らせ、会員特典としての「特別クラス」の開催の詳細などもアップ予定です。

更新情報の確認には、Twitterなどもご活用ください。

そして、YouTube公開動画や、オンライン動画サロンなどの動画視聴のご感想や、奇跡講座・奇跡のコースの学びに関するシェアや疑問など、ぜひ掲示板に書き込みくださいね。

それでは12月もよろしくお願いいたします。




[153] モチベについて

投稿者: あつこ 投稿日:2021年11月30日(火)23時54分1秒   通報   返信・引用

おこんばんわ

モチベーションについて
先日はとても深く学ばさせて頂きました。
動機づけとは?そしてコースを
学ぶその目的とは??

とっても
月並みな事しか言えないのですが、何をやるにしても
どんなモチベも
なんの為にそれをやるのか?と言った目的のゴール設定なのではないかと思います。
設定が曖昧だと、いつまでコレやったら
良いんだろ?
とか、こんなこと続けてても辛いだけなのに…と言った
途中で必ず?中弛み的な見通しのつかない場面に遭遇したりして息切れしたりします。

個人的に
コースの学びは
インテリジェンスの高い人や
知的好奇心旺盛な人が多いように感じます。

なので、学び始めのころは
なんで頭の悪い自分が
こんなに難しい事を学んでいるのだろう?
果たしてついて行けるのだろうか?と悩みました。

しかし、ある時

コースは
今まで積み上げてきた
ストーリーの
個の自分(固有名詞の)は
あ、え?ここには居ないゾ。
と、
この世界の自分は存在してない
となった時がやっとスタートだ
と府に落とせた時、それまでの自分は
どこにも居ませんでした笑


そして学んでいるのは誰?
自分を誰だと思っているのか?
ってところへ一旦戻り
とりあえずは何も始まらないし
スタートラインの
ヨーイドン!のところにも立てないので

と言う事が、それが府に落ちた場所が
NicePLACEなのでしょうね。

なので、この世界(実は良くない場所?)で自我が何をやっているのかをコツコツと形而上学で学んだ糸と実践での糸を当てはめて、意欲を持ち続けながらひとすじ、またひとすじと…この世界の混沌の法則で絡んでガチガチぐるぐるの塊を赦して紐解いて行くことによって、またそれらを本当にうんざりするまでやってくと、見えてくる眺望も当初予め知ることは出来なかったけれど、意欲をもち続け諦めず一段づつ登った梯子の上は最終的には言葉に出来ないほどのそこは素晴らしい場所で、気がつくと手のひらに一本残ってるのが光り輝く金の糸なのかなぁ?と思ったりしてます。

ですので、やっぱりそれまでは練習、そして、また練習、めげずに一歩、ちっぽけ見えるかのようなヨチヨチ歩きの一歩でも、また一歩、いっぽの歩みが大切なのだなぁと思います。そして
疲れた時は少し休んでも良いと思います。

だって

歩く。って
漢字は

少し止まると書きますしね。
ありがとうございます、
いつもながらの
ヨチヨチ歩きのあつこでした。笑





[152] Re: モチベーション

投稿者: やまD 投稿日:2021年11月30日(火)11時15分57秒   通報   返信・引用

KUUKAさん

おはようございます。

返信ありがとうございます。

> いや、噂が飛び交う寸前でしたね~。笑

やはり、そうでございましたか~(笑)。

でも、
わたしの場合、
コースの学習は、たとえ、やめたくてもやめられないような気がしてます。

コースと出会って9年、
その間、何度となく挫折し、その度に、コースから離れてましたが、
でも、行く先々で、イエスに待ち伏せされているような感覚を覚えてます。

ほかのどんな霊性の道に行っても、
または、霊性の道以外であっても、
いつも、イエスの影がチラチラ、ちらつくんですよね。

「あなたは救済から逃れることはできない」というイエスの言葉は、
本当なのかもしれないと感じている次第です。



[151] お題:コース学習への意欲向上(モチベーションアップ)や意欲維持にまつわる話を聞かせてください。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月30日(火)10時44分53秒   通報   返信・引用   編集済

お題:コース学習への意欲向上(モチベーションアップ)や意欲維持にまつわる話を聞かせてください。

私が、学習の際の心構えとしてよくイメージしていたのは、外国語をマスターしていくイメージです。

いきなり見知らぬ国(他の星でもいい。笑)に住むことになり、そこで生活していくためには、その国の言葉を覚えてマスターしていかなければなりません。

そのためには、テキストで単語や文法を一から学んだり、リスニングや発音の練習をしながら、分からなくてもわからないなりに、実際に人と話して身につけていくことが一番の近道です。

最初からできるものではありませんが、少しず学んで使っていかないと、生きていくことができないからです。


決して慌てる必要はないのですが、
私たちはゼロというか、マイナス地点から学んでいくので、それくらい真剣にやっていかないと、全く知らない言語がパーフェクトに身につくものではないと思いながら、向かい風に向って歩んできました。

なので、「いつか」とか「そのうち」という考えは自我の時間の引き伸ばし作戦だと気づいていくことや、
「この今も帰ることができるのに、なぜそれをしないのか?」と自分に問いかけながら、コースの道から外れてしまうことがないように心がけてきました。

もし、「これでいいやー」とか、「わかったー」と思ったなら、もはやコースは学べないからです。
立ち止まるならあっという間にゼロ地点以前に立ち戻ってしまいますし。。。

強い向かい風が吹き荒れる中を進んでいくには、それくらい、多大な努力が必要だなーと思っていました。

本当は、その向かい風は自分が吹かせているんですけどね。

しかし、それでもそれがいつもできていたというわけではありません。


そこで、JACIMサイト別館ビデオV#11
薪を割り、水を汲む」はとても参考になるし、励みになるかと思います。


この中で、ワプニック博士は何回も「練習、練習、また練習」とおっしゃっています。

これは本当に地道な訓練なのですが、その道は確実です。

そしてその成果は、私たちには計り知れないものですし、そのプロセスも実の所私たちには知り得ません。


なので、今、目の前に差し出されている教材(テキスト、ワークブック、勉強会、動揺、状況などありとあらゆるもの)を使って、一つ一つ学んで練習していくだけだと思います。

そういう心構えを忘れないように学んでいっているつもりでいますし、
そうやって少しづつやっていくと、少しづつですができる様になってきます。


そして、やはり先日も学んだように、
自我の惨状を見て、「もううんざりだ。これを良しとはしない」として、聖霊を選び直したいと真に望めるためのモチベーションを高めていくためにも、自我を見ることが大切だと思います。

ありがとうございます。



[150] Re: 11/28のお題:コース学習への意欲の維持向上にまつわる話を聞かせてください

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月30日(火)10時23分37秒   通報   返信・引用 > No.147[元記事へ]

恵子さん、シェアをありがとうございます。

>勉強会に参加して もりGさん、KUUKAさん、そして参加者のみなさんの話を聴くことが、コースを続ける何よりのモチベーションになっています。

ありがとうございます。
本当に、勉強会に参加することが何よりのモチベーションですよね。

そのために、

>木曜日のクラスに参加するために、有給休暇のほとんどを注ぎ込んでいる

とのこと。

お仕事をお持ちなのに、毎週木曜日に都合をつけてご参加いただき、私としては非常に心強いのですが、
その意欲は本当にすごいなーと思っておりますし、それが私自身や皆さんまのモチベーションアップにもなっているのではないかと思います。


>「自分は病んでいる」ということを意識していることがモチベーションである

そうですよね。
自分が病んでいるという自覚がなければ、治療を受けることはできませんものね。


ありがとうございます。






[149] Re: モチベーション

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月30日(火)10時00分50秒   通報   返信・引用 > No.145[元記事へ]

やまDさん、お久しぶりです。

コメント、ありがとうございます。

>もしかしたら、
やまDは、コース学習からコースアウトしてしまったのではないかという、
噂が飛び交ってしまうかと危惧し、コメントさせていただくことにいたしました。

いや、噂が飛び交う寸前でしたね~。笑

またお気軽にお書き込みください。


> とにかく、
> コースに触れる時間をゼロにしないように気をつけてます。

そうですね。
私も忙しくて時間のない時でもその様に心がけております。

ありがとうございます。



[148] Re: モチベーション

投稿者: やまD 投稿日:2021年11月29日(月)23時27分28秒   通報   返信・引用   編集済

けいこさん

返信ありがとうございます。

掲示板にコメントをしない間も、
チラチラと覗いて、気づきをいただいてました。

今回の特別オンラインセミナーにおける、
けいこさんの、

「人生が好転しないことは、むしろ、恵み」

とのコメントがとても印象的でした。

そこで思い出したのが、
中世のキリスト教神秘主義者である「マイスター・エックハルト」です。

マイスター・エックハルトは、
全てを神からの恵みとして捉えていて、
「神の恵みがないことも恵み」ということを言っていたそうです。

この世界は、神への対極として作られたので、
神の愛が欠けているわけですが、
神が、わたしたちの小さな狂った考えに対して、
反応せず、恵みを与えなかったことは、
わたしたちに対する、最大の恵みなのかもしれない、
そんなことを思いました。

以下は、マイスター・エックハルトの言葉なのですが、
とても深いです。

イエスが、弟子たちから去っていったのは、
弟子たちが、目に見える、外的存在としてのイエスから喜びを得ている限り、
聖霊による完全な喜びが与えられないからということらしいです。


完全なる離脱の高貴さと有益さとを認識しようと思う人は、キリストが弟子たちにみずからの人間としての本性について語った次の言葉に心をとめてほしい。「わたしがあなたがたから去って行くのは、あなたがたに与えられないからである。(ヨハネ16・7)それはちょうど次のように言ったのと同じことである。あなたがたは、目に見える現在のわたしの姿からあまりに多くの歓喜を得てきた。そのために、聖霊の完全な喜びがあなたがたに与えられないのである。像より離れ、形なき有と合一しなさい。神の与える霊的な慰めは純粋なものであって、感覚的慰めをしりぞける人にのみ神はみずからを与えようとするからであると。思慮深き人たちはみな耳を傾けよ。大いなる離脱の内に立つ人ほど心の晴れやかな人はいないのである。どんな肉の慰めも、身体的慰めも、霊を損なうことなしにはありえないのである。「なぜならば、肉の望むところは、霊に反し、霊の望むところは、肉に反するからである」(ガラテヤ5・17)だからこそ、肉の内に戒めを破る愛の種を蒔く者は、永遠の命を霊より収穫するのである。したがって、人が被造物から逃げ去るのが速ければ速いほど、それだけ速く創造主はその人に走り寄ってくるのである。
あなたがたをこのような完全性へと運びゆく最も足の速い動物は、苦しみである。キリストと共に、最も大きな苦しみに立つ人たちにもまして、永遠なる甘美を多く享受する人などはいないからである。

http://



[147] Re: 11/28のお題:コース学習への意欲の維持向上にまつわる話を聞かせてください

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月29日(月)20時02分28秒   通報   返信・引用

勉強会に参加して もりGさん、KUUKAさん、そして参加者のみなさんの話を聴くことが、コースを続ける何よりのモチベーションになっています。

木曜日のクラスに参加するために、有給休暇のほとんどを注ぎ込んでいるのですが、以前の自分であれば、仕事を継続的に休んでクラスに参加するほどの勇気も意欲もなかっただろうな~と思います。
「参加したいけど、仕事が第一優先」だったので、月3回も決まった曜日の決まった時間に仕事を休むなんて、通院くらいしかありえないよね・・と思ったところで、ハッとしました。
「そうか、通院しているようなものなんだ。染み付いている間違ったものの見方・考え方を正していくために、治療者(セラピスト)の言葉を患者仲間と一緒に読み、噛み砕いた説明を聞いて、病院以外でも治療者の言葉を思い出して訓練できるようにしているんだーーー。」
そう気づいてからは、ほとんど気兼ねなく休暇申請しています。
(不在中にカバーしてくれる同僚への感謝は忘れないようにしようと思います)
そういう意味では「自分は病んでいる」ということを意識していることがモチベーションである とも言えるかもしれません。1日でも早く治りたいですもの。



[146] Re: モチベーション

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月29日(月)19時50分53秒   通報   返信・引用

やまDさん

お久しぶりです!!
お元気そうで何よりです。

お題への応答、ありがとうございます。

> できるだけ、学習のハードルを下げるようにしてます。
> コースに触れる時間をゼロにしないように気をつけてます。

なるほど~、確かに動画10分だけならなんとか見れそうですものね。
やはり いろいろ工夫なさっていますね。
ありがとうございました。



[145] モチベーション

投稿者: やまD 投稿日:2021年11月29日(月)11時42分39秒   通報   返信・引用   編集済

お久しぶり、やまDです。

もしかしたら、
やまDは、コース学習からコースアウトしてしまったのではないかという、
噂が飛び交ってしまうかと危惧し、コメントさせていただくことにいたしました。

混乱、葛藤、疑念、迷いの真っ最中ではありますが、
いまでも、ぼちぼち、マイペースでコースの学習は続けております。

そんな、ダメダメコース学習者であるわたしのモチベーションの維持ですが、
どうにもこうにも、コースの学習をする気が起きないときには、
できるだけ、学習のハードルを下げるようにしてます。

例えばですが、

「勉強会の動画を10分だけみる」とか、

「テキストを1段落だけ読む」とか、

「ワプニック博士のQ&Aを1つだけ読む」と、いった具合です。

とにかく、
コースに触れる時間をゼロにしないように気をつけてます。



[144] 11/28のお題:コース学習への意欲の維持向上にまつわる話を聞かせてください

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月28日(日)22時48分19秒   通報   返信・引用

会員サイトからの転載です。

こんばんは~。
11月を締めくくる特別オンラインセミナー、テーマはモチベーション(動機付け)でした。
そこで今回のお題。

コース学習への意欲向上(モチベーションアップ)や意欲維持にまつわる話を聞かせてください。

例えば…
こんな風に考えることでモチベーションを維持しています、とか、
こんなことがあってやる気になりました、とか
やる気にならない時はこんなことをしています、とか、あるいは
なんだかやる気が出ませんが どうしたら? etc…

もちろん、いつもと同様、無理のない範囲でお願いします。
以前のお題への回答や、お題とは関係ない投稿もお待ちしています。



[143] Re: イエスは本気でそう言っている。

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月28日(日)22時44分15秒   通報   返信・引用   編集済 > No.142[元記事へ]

KUUKAさん

ビデオとブログ記事の紹介、ありがとうございます。

「イエスは本気でそう言っている。」はとても印象深かったです。
今日のクラスで改めて突き付けられることで、
「そうか、ずっと本気でイエスは言い続けているし、これまでもずっと本気だったんだ……」とハッとして、
どこかまともに受け止めてこなかったことにようやく気づきました。
こちらも本気で応えたいと思います。

ありがとうございます。



[142] イエスは本気でそう言っている。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月28日(日)14時01分38秒   通報   返信・引用

今日の勉強会で出てきた

「イエスは本気でそう言っている。」の一節があるのは、

JACIMサイト別館ビデオ#V26「誤りを直視しない限り真理に到達できない」

のところです。

よろしければ参考にしてください。


また、2年半ほど前にその時の感想を書いた私の個人ブログの記事です。

ちょっと加筆したいところもありますが、、、もし興味があればどうぞ。



[141] 時間に囚われてしまうとき。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月28日(日)08時31分26秒   通報   返信・引用

いつになったら学びを習得できるんだろう?とか、
いつになったら実践できるようになるんだろう?とか、
今世で本当に目覚められるんだろうか?とか、

時間に囚われてしまうとき、

奇跡講座T15聖なる瞬間Ⅰ.時間の二つの用途
(Ⅱ.疑念の終わり も)は参考になると思うのでおすすめです。



[140] Re: とりあえず無題笑

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月27日(土)20時17分37秒   通報   返信・引用 > No.138[元記事へ]

こんばんは。

>とくに時計じかけは好き過ぎてDVD持ってます笑、
「この宇宙は夢なんだ」の漫画に出ているアレックスが奇跡講座のページをめくるキッカケを作ってくれたと言っても決して過言ではありません。


そうそう。
あつこさんは、「読んでみる~?」と言って私が貸した「この宇宙は夢なんだ」の漫画本が大好きと言って、1年くらい穴が開くほど読んでましたよね。

あまりに読んで擦り切れたので、新品買って返してくれましたが。。。笑


コースを学ぶきっかけが、「時計じかけのオレンジ」や「この宇宙は夢なんだ」に共通する「アレックス」というのが面白いですよね。

まあ、個人的には私も、「時計じかけのオレンジ」をリバイバルで吉祥寺の映画館まで見にいっていたので、そこに何か通づるものをあつこさんに感じましたけどね。笑

と、
全然コースの内容とは関係ないお話でしたー。笑
失礼いたしました~。



[139] Re: とりあえず無題笑

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月27日(土)15時33分58秒   通報   返信・引用

あつこさん

お忙しい中、書き込みありがとうございます。

> 第6段落 2:
> 神が賞美する彼らを、あなたも賞美しなさい。彼らは神の愛する子らであり、神に嘉(よみ)されているからである。
> と言う所この(よみ)と言う始めて聞いた何とも言えない
> 表現に稲妻の閃光が走ったように、震えが来ましてですね頭脳の領域では素敵過ぎる日本語翻訳に感動しつつも(゚Д゚;)あぁぁぁぁーーコレだぁー今、この瞬間自分は
> 全力疾走で闇へ逃げ隠れたぞーー!と認めずにはいられませんでした。

ホント、嘉する(よみする)なんて、初めて聞きましたよ~。(あれ? 通読した時も多分そう思ったハズ。すっかり忘れていますが。)感動しながら逃亡する。まさに葛藤ですね~。

> そして、KUUKAさん参考になる例えのご紹介ありがとうございました。
> 特に、i.罪悪の魅力については
> 強烈なその表現がまさに狂気としか言い様のないセクションでございました。
> シャイニングのジャックと時計じかけのアレックスをまたまた思い出してしまいました笑

罪悪魅力」ですものね~。普通はこの二つの単語は結びつきませんよ。狂っているんですよね~、病んでるんですよね、私たち。「嫌だ怖い苦しい辛い」と言いながら、その実、自分がそれを望んでいるんですもんね~。
そういえば『時計じかけの…』の予告編を初めてみた時、子どもながらに「あ、これ、見たらいけない奴だ」と
瞬時に隠蔽&封印する方向へ持っていってました~。

> てな、感じでありゃ?これは監督が出したOKを良しとはせず毎度毎度テイクが間違ったシーンの演じているなと気づいたら、そこを見てくしか方法はないのだと言うことに尽きるのかなと思っています。

ですね、ですね。ありがとうございます。



[138] とりあえず無題笑

投稿者: あつこ 投稿日:2021年11月26日(金)10時42分2秒   通報   返信・引用

おはようございます!
ここのところバタバタと外出が多く、後れ馳せながらやっとカキコミできました。

えー、さてさて

お題の、ここ理解したくないんだな
と、言う所では
第6段落 2:
神が賞美する彼らを、あなたも賞美しなさい。彼らは神の愛する子らであり、神に嘉(よみ)されているからである。

と言う所この(よみ)と言う始めて聞いた何とも言えない
表現に稲妻の閃光が走ったように、震えが来ましてですね頭脳の領域では素敵過ぎる日本語翻訳に感動しつつも(゚Д゚;)あぁぁぁぁーーコレだぁー今、この瞬間自分は
全力疾走で闇へ逃げ隠れたぞーー!と認めずにはいられませんでした。

本当にホントに毎度、まいどの事ながら
渇ききった砂漠や、墜落していく飛行機や、烈火の如く燃え盛る火のど真ん中で一体何やってんだ!

と言う事をやっておりますです。

そして、KUUKAさん参考になる例えのご紹介ありがとうございました。

特に、i.罪悪の魅力については
強烈なその表現がまさに狂気としか言い様のないセクションでございました。

シャイニングのジャックと時計じかけのアレックスをまたまた思い出してしまいました笑

注:2つとも個人的に大好きな作品なんですが、とくに時計じかけは好き過ぎてDVD持ってます笑、この宇宙は夢なんだの漫画に出ているアレックスが(あくまでもイメージ)奇跡講座のページをめくるキッカケを作ってくれたと言っても決して過言ではありません。

あーーー、ザックリ汗、
何か言いたいのかと申しますと
自我大先生監督?の声に従ってずっとテイクを撮り続けてクランクアップを向かえて、次の作品からまた次へと登場人物や人間相関図ドラマのシナリオを変更したつもりでいても、結局は血に飢えた殺人鬼のままで終焉を迎えるのだと言う事なのかと思います笑

てな、感じでありゃ?これは監督が出したOKを良しとはせず毎度毎度テイクが間違ったシーンの演じているなと気づいたら、そこを見てくしか方法はないのだと言うことに尽きるのかなと思っています。

どもども失礼いたしましたぁ



[137] Re: 「ACIM TALK カフェ」にご参加ありがとうございました。

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月23日(火)20時39分21秒   通報   返信・引用

ACIM TALKカフェ、視聴参加者の方からの質問などで、いつもと違った切り口で話を聞けて面白かったです。
ありがとうございました。

後半の「感情を味わえば消える、ということと、咎めずに見る、の違いは?」という質問を聞いて、
以前、感情を味わい尽くすというメソッドを試していた頃のことを思い出しました。

不快な感覚が嫌でネガティブな感情を消すことを目的に、それをやっていたな~と。
だから「これ、キリがないんじゃ…?」と果てしなさに嫌気がさしたし、
ノンデュアリティーのお話を聞いても
「ただ湧くだけって、わかるけど、それが嫌なんだってー!」とか思っていたし、
自分をスピ的に向上(?)させて、個人の自分のまま悟りたいと望んでいたな~と。

「咎めずに見る」のは、感情を消すためではない、ということ。
結果として感情は消える(というか、自分で作り出していたと気づく)けれど。
「消したい」と思うなら それは「拒んでいる」ということで、
「咎めずに見る」とは正反対ですものね。

勉強会で少しずつコース形而上学を学び、
学ぶ目的・実践の目的を理解しつつ、地道に咎めずに見る実践を続けることで、
自己認識がシフトし始めるのか、 ワプニック先生のいう「階梯」が見えてくるような、
道筋がはっきりしてくる感覚を感じます。

果てしなさ的には同じかもしれないのですが、
その感覚が果てしなさを感じさせないというか、
確実な道を歩いているという安心感と「もっともっと訓練していこう!」という
モチベーションにつながっていると思います。
そして、その歩いている私は個人の私ではなく、私たちだ、ということ。

そんなことを感じたトークカフェでした。ありがとうございます。



[136] 「ACIM TALK カフェ」にご参加ありがとうございました。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月23日(火)14時10分58秒   通報   返信・引用

「ACIM TALK カフェ」にご参加&ご視聴いただきありがとうございました。

今日は、同時にYouTube・LIVE配信となりましたが、そちらの方へのチャットによるご質問やシェアが活発で、とても参考になりましたし、楽しめました。

本当にありがとうございました。

今回の感想やシェアなどありましたら、引き続きこちらにて受付中です。

次回は、12月はお休みで、1月1日元旦の午前10時からの開催となります。

お時間のある方はぜひお気軽にご参加&ご視聴ください。



[135] Re: お題:今日のクラスで出てきたことで 理解していないと感じること、 あるいは「ここ、理解したくないんだな~」と感じることを教えてください。

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月23日(火)08時39分19秒   通報   返信・引用

KUUKAさん

ありがとうございます。

この世界を、砂漠、墜落中の飛行機や沈没間近の船、火事真っ最中の家になぞらえ、
その中で「あーでもない、こーでもない」とやっている私たち、という例え話、クラスでも印象深かったです。

> そのお話とともに、内側を見ていたのですが、その時点で、すでに恐れて深刻になっているので、砂漠からの脱出方法となると、
> ついつい、この私がなんとかしようと考えたり、この私が砂漠から出ようという考えになってしまいます。
> これが自我の中で、自我の思考によって解決しようとしている試みだと言えます。
>
> そこで、もりGさんが、
> 「なーんだ夢かと認識することなんですよ。」とおっしゃったので、
> 「あ、そうか!そうだったー。深刻になって、自分でなんとかしようとしてたー」と気づくことができました。

そうなんですよね。
自分がどういうところにいると信じているのか、気づくこと。
それは自分で見たくてみている夢・妄想だということに気づくこと。
その、夢を見ている自分が、夢にまさに夢中になって没入しているだけだと気づくこと。
夢なので、その中で起きているかに見える問題を解決する必要は全くないのですよね。

本当に、練習あるのみですね~~。

ありがとうございます。



[134] 例え話の参考になるセクション

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月23日(火)08時02分22秒   通報   返信・引用

先日のテキストクラスで、自我の惨状を、渇いた砂漠や墜落する飛行機や、沈没する船などに例えたお話がありました、

そこで引用されたのが
ワークブックp2.13.5:1でしたが、
それに付随する似たような内容の箇所を2つ表記しておきます。

・奇跡講座テキスト18章Ⅷ小さき園
自我の卑小さと砂漠の例えのあるセクション

・奇跡講座テキスト19章Ⅳ平安への障害
自我の惨状などが描かれている。

特に、 「i罪悪の魅力」なかなか強烈ですので、読んだことのない人は心して読んでください。

他にもあるとは思いますが、とりあえず宜しければ参考にしてください。



[133] お題:今日のクラスで出てきたことで 理解していないと感じること、 あるいは「ここ、理解したくないんだな~」と感じることを教えてください。

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月22日(月)22時49分44秒   通報   返信・引用

昨日のクラスの中で出てきた例え話で、
私たちは、決して潤うことのない砂漠や、墜落する飛行機の中や、沈没する船に乗っているという話が出てきました。

その中で、
私たちは決して潤うことのない砂漠の中で水を探し求めているのですが、渇きや苦痛を癒すためには砂漠から脱出するしかないというお話でした。

そのお話とともに、内側を見ていたのですが、その時点で、すでに恐れて深刻になっているので、砂漠からの脱出方法となると、
ついつい、この私がなんとかしようと考えたり、この私が砂漠から出ようという考えになってしまいます。

これが自我の中で、自我の思考によって解決しようとしている試みだと言えます。

そこで、もりGさんが、
「なーんだ夢かと認識することなんですよ。」とおっしゃったので、
「あ、そうか!そうだったー。深刻になって、自分でなんとかしようとしてたー」と気づくことができました。

自分でなんとかできるとして、間違いを認めたくない。
心を変える以外にも方法があるとして、聖霊を教師としたくないんだなーと思いました。

そして、「これを理解したくない」ということは、
コースやイエスのいうことを「理解したくない」ということになるのですが、
その自分が自我なので、そこに気づいて赦しをしていくことだなーと思いました。

練習練習ですね。

ありがとうございました。



[132] Re: 理解していないと感じること

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月22日(月)19時28分43秒   通報   返信・引用 > No.131[元記事へ]

けいこさん、ありがとうございます。

昨日のところは、全体性・全一性について「これでもかっ!」というくらい教え込まれている感じがしました。笑

書いていくと色々と整理されますもんね。

わかりやすい解説をありがとうございました。



[131] 理解していないと感じること

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月22日(月)19時18分59秒   通報   返信・引用

昨日のお題に答えます。

理解していないと感じること。

クラスの終わりのコメントでも言いましたが、テキスト第7章Ⅶ.神の国の全体性の第2段落です。
全体としてはわかる感じがするのですが、特に第6文がよくわからないというか、混乱してます。

以下 中央アート出版社『奇跡講座』テキスト編から引用
あなたが拒否するものとは、あなたに欠けているものである。それ自体が欠落しているからではなく、あなたがそれを他者の中に認めるのを拒んだために、あなた自身の中にそれを自覚しないからである。(T-7.Ⅶ.2:6)
引用ここまで

この文の前には祝福を差し出すことが述べられているので、
ここでいう「拒否するもの」とはおそらく「祝福」のことかなと思います。
「祝福」とは「咎めずに見る視点、聖霊の眼差し」であると、クラスの中でもりGさんが解説してくださいました。
あ、、、なんか、書いていたら理解できたような気が。

投影の仕組みとごっちゃにしてたかもです。
自分の中に認めたくないものを自分の外側に投げ出すことが投影だから、それとは逆に
「他者の中に認めるのを拒んだものは、自分の中にそれを自覚するのではないか?」と思ってしまったみたい。

そうではなく、この第6文は「与えること=所有すること」という神の法則を解説している文なのですね。
与えることを拒否する=自分も所有しないことになる、ということですね。

まさに自問自答でした。。。



[130] お題をこちらにも投稿します

投稿者: *けいこ 投稿日:2021年11月21日(日)21時17分29秒   通報   返信・引用

みなさん、こんばんは~♪

前回のお題への回答、ありがとうございます。

言葉で表現しにくい、微細なところをシェアしてくださったKUUKAさん、
日常生活での体験例をいろいろ伝えてくださった あつこさん、
ありがとうございますっ! 大変、勉強になります。

自分で出したお題に答えることができないまま、今日のクラスの時間を迎え、
投げっぱなしになってしまいました。スミマセン。

そして、これまで掲示板だけを見ていた方は、
お題がどんなふうに出されているかわからなかったですよね。ごめんなさい。
今回からお題をこちら掲示板にも転載しますね。

ということで、さっそく会員サイトから転載 ↓↓↓

**********************

11/21のお題: 理解していない(or 理解したくない)と感じること

みなさん、こんばんは。今日も深い内容のクラスでしたね~。
深すぎてなかなか理解が追いつかないと感じます。

そこで、今回のお題!
今日(あるいは最近)のクラスで出てきたことで(←会員以外のかたは「コースの中で」と読み替えてください)
理解していないと感じること、あるいは
「ここ、理解したくないんだな~」と感じることを教えてください。

それぞれの状況やこれまでの経験などによって、ポイントが違うかと思います。
シェアしていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!



[129] 小さな動揺?

投稿者: あつこ 投稿日:2021年11月20日(土)12時51分51秒   通報   返信・引用

けいこさま今回も素晴らしいお題をありがとうございます。

先週のお題では、毎回ほぼデフォルトで聞き流し読み流している自分を自覚せずにはいられなかったし赤恥
具の寝も出ない感じで撃沈しておりました。

さて、今週のお題ですけれど
ネガティブネタがきっかけとなり、それらのモヤっとした題材を元に…はわかりやすいのですが
KUUKAさんのおっしゃるように「むずっ」が、やはり着眼点ポイントなのかなぁと私も思いました。

例えば、嬉しい事とかテンションが上がる時の様子を良くよく見ていくならば、やっぱりそれらはどれもお得意の愛欠妄想かぁー(;´д`)となるワケなんですよね

ネガティブネタで落胆したりポジティブネタで喜んでいても、どちらもおんなじ動揺なのですが、ついつい目の前の些細な動揺は見過ごしがちです。それは本当にもう日々痛感しております( ̄▽ ̄;)

どんだけ毎瞬、刻一刻ゆるゆる警戒の自宅警備員なんだよ!と自負しております。

さて、非常にわかりやすい例えで言いますと
スーパーなどで商品を手に取り
こちらよりもあっち
がお得よねっ(* ̄ー ̄)とか、あーー、こっちは賞味期限がまだまだ先だわ!などの差異を見てニヤリっ!となってる時なんかが当てはまるのでないでしょうか笑

あとは今なら期間限定でオマケ的な特典がついて来ます的なシチュエーションで、ふと気づくとちょうどそれの期限が今日までだった! 的な?小さなヤタっ!感ですとか

沢山の人が並んでいるにも関わらず、順番ガン無視して横入りしてレジに並んでシレっとしてるオバちゃんを目で瞬殺してしまった時とか

スミマセンいつもながらくだらなくて
何かまた思い付いたら書きますね_(^^;)ゞ




[128] Re: 相手が間違ってると思っていたけど、自分だった

投稿者: s.you 投稿日:2021年11月20日(土)11時52分50秒   通報   返信・引用

>
> コースでは、
> 精霊→聖霊
> 許す→赦す
> という表現になります。
>

はい、ご指摘ありがとうございます。
見てる方にも誤解が生じかねませんものね、以降気をつけますね。



[127] お題:最近の思い出せる動揺の中で、一番小さい(と感じた)動揺は何ですか?について

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月20日(土)10時01分13秒   通報   返信・引用

お題:最近の思い出せる動揺の中で、一番小さい(と感じた)動揺は何ですか?について


けいこさん、いつもお題をありがとうございます。
あまり思いつかなくても、内側を見るきっかけとなりそうでいいですね。

そして、この世界の中でこの肉体の私が、どんなに大きくても小さくても、「それが動揺だ」と気づけたなら、
レッスン5を当てはめて、自我との同一化から少し離れて、奇跡の方向へと方向転換し始めていることになるので、赦しの実践のステップを踏み始めていることになりますもんね。


私が以前気づいたのは、この世界で嬉しさとされているような「むずっ」とした動揺です。

「むずっ」とした嬉しいような、愛しいような、こそばゆい感覚のあとにニヤッと笑みが浮かんでくる感覚なのですが、
私たちはこれを喜びや嬉しさと勘違いしていますが、
よく見るならそれは単なる動揺であり、しかも苦痛と同じだということがわかってきます。

そして、形而上学を当てはめるなら、
その「むずっ」という感覚(動揺)こそが、原初のあの自我を選んだ瞬間であり、その反映を様々なバリエーションで体験しているのだいうことが分かってきます。

すると、その「むずっ」という動揺は、
毎瞬毎瞬自分自身を傷つけている決断の結果の反映であり、苦痛・苦しみと同じ動揺であり、分離の想念を信じた罪・罪悪感・恐れの結果を体験しているだけだとわかってきます。

そして、よく見るなら、
私はこの「むずっ」した感覚にずっと苦しめられていると思っているのですが、
さらに見るなら、これは自分が好んでいるということを自覚してきます。
すると、もうこれをよしとはできないとなってくるはずです。

なので、
ほんの些細は動揺も、とても大きな動揺も、
また、ポジティブな感覚や、ネガティブな感覚も、
どれも同様に、同じ一つの真の原因へと戻るためのきっかけとなり、そしてその原因も全て同じということが、実践していくと体験的にわかってきます。

すると、コースやイエスが言っているように、
動揺に、大きいも小さいもないという言葉の意味がだんだんわかってくるのですよね。

ありがとうございました。



[126] Re: 相手が間違ってると思っていたけど、自分だった

投稿者: KUUKA 投稿日:2021年11月20日(土)09時50分46秒   通報   返信・引用 > No.125[元記事へ]

s.youさん、いつも書き込みありがとうございます。


>全員がお互い協力しない被害者の会の会員みたい…
でも本当の事は隠しておく同盟を暗黙の了解で組んでる…
てビジョンが浮かんできて苦笑しました。

そのような感じですよねー。

で、その会や同盟が一なる自我なんですよね。


>だから精霊が必要なんですね 自分ではどうしても許す気がないらしい…

ほんと、
自分(自我)では全く赦す気がありませんもんね。笑


あと、
以前からちょっと気になっていたのですが、

コースでは、
精霊→聖霊
許す→赦す
という表現になります。

このような書き違いはよくありますし、文字の変換を間違えただけのこともありますので、決して間違いを指摘しているわけではないのですが、学習者同志の前提として、今後は少し気に留めていただけたらなーと思います。

学んでいくと、きっと意味の違いもわかってくるかと思います。

失礼にあたりましたら申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。



[125] Re: 相手が間違ってると思っていたけど、自分だった

投稿者: s.you 投稿日:2021年11月19日(金)10時03分35秒   通報   返信・引用 > No.124[元記事へ]

KUUKA さん ありがとうございます。
>
> 決して見たくないんです。
> 開かずの扉のままにしておきたい。

ちょっと片鱗が見えてきて

全員がお互い協力しない被害者の会の会員みたい…

でも本当の事は隠しておく同盟を暗黙の了解で組んでる…

てビジョンが浮かんできて苦笑しました。


だから精霊が必要なんですね 自分ではどうしても許す気がないらしい…


レンタル掲示板
152件の内、新着の記事から30件ずつ表示します。